« コ79号作戦 寝る☆コミ | トップページ | 鉄道漫画002レ本日発売 »

胃カメラを飲んできた

昨年末のアレでコレから、昨日胃カメラを飲んできました。
その顛末をまとめます。
去年から前から後ろから色んな物を挿入されてるなあ。

あ、汚かったりグロかったりするので別ページね。

12月29日
昼、備長炭のようなアレを出力。あんまりな真っ黒ぶりに本気でビビる。
明日から東京なのでとりあえず薬だけ買っとこうと近くの薬局へ行ったところ、速攻で病院へ行くよう強く薦められる。
夜、近所の開業医で「胃潰瘍の疑いあり」との診断。早急に胃カメラによる検査を受けるよう指示(お薦め、ではない)。年末なので年明けに段取り。
12月30日
上京。まだ真っ黒。
12月31日
色は戻る。早いな。
1月7日
朝8時から胃カメラ。
細いタイプで口、鼻、どちらでも挿管できるカメラで、「口を経験した人が言うには鼻からのほうが楽」らしいので、鼻から挿管にする。炎症止めやら麻酔やらを鼻から流し込まれて、これだけでもぼちぼち気持ち悪い。我慢はできるけど鼻の奥は痛いし、先っちょから液体やら空気やら出るし、口からの挿管よりマシとはいえ、やっぱり気持ちいいもんじゃない。
先生の解説付きでモニターを見ながら診察。内臓なんて気持ち悪いイメージしかないし、ましてや自分の内部なんて見たくもない、なんかあってはいけない物があったらそれだけで失神しそうだけど、結局好奇心には勝てずに見てしまう。

検査結果は、全くのシロでした。
内部はさらっぴんのピッカピカ。良性のポリープがいくつかあるだけの「歳を取っていない胃」なんだそーです。胃酸を出す力が強いので、ちょっとしたストレスで痛めてしまっても、回復力も強いからすぐに直るんじゃないか、とのこと。
ピロリ菌の有無も調べるために組織を取りますが(ちっちゃマジックハンドみたいなのがニョイーンと伸びて胃壁を引っ張り取るんだけど、これがおもろい)、「見た目の状態からだと存在しない可能性も高い」とのこと。
ついでに、長いこと「昼飯を食ったらすぐ横になる」習慣が付いてるので逆流性食道炎についても聞いたところ、その兆候はないし入口もしっかり閉じてるので問題ないそーです。

あまり褒められることはない俺だけど、胃だけほぼパーフェクトってのは自慢してもいいんだろうか。

|

« コ79号作戦 寝る☆コミ | トップページ | 鉄道漫画002レ本日発売 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラを飲んできた:

« コ79号作戦 寝る☆コミ | トップページ | 鉄道漫画002レ本日発売 »