« 羽田 | トップページ | 領収証 »

流行に流されない

金曜日の夕方に熱っぽさを感じ、体温を測ってみたら37℃。ひきはじめはこんなもんだろうと、晩飯を食ったら風呂も入らずに床に入る。
土曜日も微熱が続くが、特にしんどくはない。むしろ昨日よりマシなくらい。これならこのまま快方に向かうかなと思ってたら、夕方から強い悪寒に襲われる。今日も飯食って風呂も入らずに寝る。
日曜日。39.5℃。あー…医者もやってねえよ…どーすんだよ…文字通り1日中寝てたがまったく直らず。
月曜日、ふらふらの足取りでようやく医者へ。高熱なので隔離待合、イスにも座ってられないので奥のベッドを貸してもらう。すでに先客がいる流行ってんだなあ。
で、俺の番。インフルエンザ簡易検査は陰性だった。ただし、簡易検査は陽性でも陰性と出ることがあること、高熱であること、今流行りの真っ最中で「みなさん罹ってますよ!」なことから、インフルエンザの治療として薬は処方できます、とのこと。普通の風邪とどっちがいいのかドクターに聞いても、「熱の出方と症状がインフルエンザと少し違うので何とも言えない」うーむ、ということで普通の風邪で薬を処方してもらい、1日くらい経って経過が良くなってなければインフルエンザと見ましょうか、ということになった。

で、薬を飲んで3時間ほど寝たら、37度まで下がってるわけだ。なんだこれわ。明日まではちゃんとめしは食えないだろうと流動食みたいなのを買ってきたのに。

で、薬を飲んだら熱が下がり、切れると戻るを繰り返して2日。薬も切れたので医者に行ったら、どうやらインフルエンザではなさそうだ、ということでレントゲン撮影。

「肺炎です」

ええ、右の肺に白い影が映っておりました。
周りは次次インフルエンザの診断が下っている中、俺一人肺炎!すげえ俺!
見たことのない抗生物質を貰って帰ってきました。

しかし熱が高いとメシも食えん。帰りに寄ったコンビニで美味そうだったカツ丼を買って帰ったら、味覚が麻痺していてコゲた苦みと塩味しかわからん。玉子も肉もタマネギもダシも、うまみも甘みも全く判らず、正直食いもんじゃねえや、ということでもったいないけど半分ほど捨てた。ちっ。

|

« 羽田 | トップページ | 領収証 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流行に流されない:

« 羽田 | トップページ | 領収証 »